日本アムウェイとは、どんな会社なのか調べてみました。

自分がMLM(ネットワークビジネス)と聞くとすぐに頭に浮かぶ「アムウェイ」。今回は最も広まっていると聞くアムウェイとは、どんな会社なのか、どんな評判があるのか、どういう意味なのか自分なりに調べてみました。

アムウェイとは聞くけれど簡単にいうとどんな会社?

Amway(アムウェイ)とは、「成功を望むすべての人々にその機会を提供する」をスローガンに、洗剤や調味料、サプリ等を売っている、世界的に有名なMLMの事です。

簡単にいうと、マルチ商法です。「マルチ商法」と聞くと、「胡散臭くない?」「悪徳商法?」「詐欺?」という悪いイメージが沸いてしまいますが、正式には「連鎖販売取引」(日本では合法のみたい)と言います。

自分が使っている商品を友達や家族、仕事の知り合いなど誰でもいいので、「この商品とってもすごいし、お金も稼げるんだよ!俺みたいにこうやって話して相手が納得して買ってくれて紹介してくれたら会社からお金がもらえるんだ!」という感じのようです。

つまり、自分がその会社の商品を買って、その商品の凄さや性能などを別の第三者に説明した上で、相手が納得して自分と同じ「購入者」になれば、「紹介者」は「購入者」が商品を買い続けていく限り、紹介料としてお金が入るというものです。

アムウェイの評判はどうなの?

製造から販売を一貫してCMを出さず研究開発を強化し、高品質製品を直送で、中間マージンもなく、学歴も関係なし。パーティー等で人脈が広がり、年会費3600円で辞めたら全額返金、使用中返品でも全額返金、ノルマもなく紹介者が売るのでなく登録者が自ら買う為、在庫不要。権利収入はグループが3万PV(約4.2万円分)以上の購入で、ボーナスが発生し額に応じて分配されます。東日本大震災の被災地に施設を立てています。年1兆円の売り上げで無借金。アムウェイは、非常に優良な企業だとわかります。

これだけ見ると悪い評判はないように思いますが、体験談を見ていきましょう。

・イベントが多く負担

・勧誘を強いられる印象

・ボーナスの壁が高く、そこまでの購入がきつくもらえないとモチベーションが下がる

・なかなかダウンができないが作らないと収入がない

以上より、アムウェイは問題もないが中には悪質な勧誘をする人がいて、悪評が出てしまったと考えられます。

アムウェイの意味って?

アムウェイコーポレーションは、1949年にアメリカでリッチとジェイという2人が、栄養補助食品の販売代理店として、業者を紹介し売り上げの一部を得る仕組み等を考えて、販売組織を作ったのがはじまりのようです。そして1959年にAmwayが設立しました。現在もミシガン州に本社があり、「成功を望むすべての人々にその機会を提供したい」という理念で会社を設立したようです。

日本アムウェイは1977年設立、1979年営業開始、東京都渋谷区に本社があり、サプリメントの「Nutrilite」、化粧品の「Artistry」、その他日用品、浄水器、空気清浄機等の自社ブランド製品を販売しています。

日本では、1996年売上高が約2122億円となったものの、1997年に苦情・相談件数が4年連続1000件超、社名公表を検討していることを機に、各メディアが問題点を指摘など、社会問題化したことで2000年は、売上高1197億円と急落、上場廃止、株式非公開となりましたが、「MLM業界」で一番売り上げているのが、この「Amway」です。

アムウェイは、会社自体は優良で製品の品質も素晴らしいようです。ただ、良い評判だけでなく悪い評判も目立つので、余程勧誘に自信がない限り、グループを作って権利収入を得ていくのは難しいのかなぁと感じました。「製品の利用だけ」「頑張って勧誘していく」「興味ないから使わない」など、それぞれの考え方や向き不向きを十分に見極めて、関われば良いのかなと思います。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA